保護者から|英語で学ぶキンダーガーテン・幼児園

トップページ > 保護者から

保護者インタビュー

英語で学ぶことと、日本人としてのアイデンティティを
大切にすることを両立できる環境だと思います

(年長・Kくんのお母様)

ご兄弟で通っていただいていますが、入園の決め手は何でしたか?

兄が3歳、弟が1歳の年まで海外におり、日本でも英語を続けたかったのですが、一方で日本人らしさも忘れずにいてほしかったので、それらを両立できそうなこのスクールを選びました。また、私自身も小6で初めて海外に引っ越したのですが、そこで英語は英語で学ぶ方が楽だと実感していたので、語学習得を考えた時に、こちらの「英語で学ぶ」という環境も決め手になりました。

「日本人らしさ」を重視するきっかけとなったことはありますか?

海外にいた時に、自分の接してきた文化や考え方を説明できずもどかしい経験をして、改めて幼少期に日本のことを学ぶ大切さを感じたので、子どもたちのスクールも、日本の文化を理解し、教えてくれるところを選ぼうと思いました。その上で将来は、色々な考え方があることを知るために、海外で学ぶ機会も作ってあげたいなと思っています。

スクールでの経験が生活の中で見えることはありますか?

兄弟ともShow&Tell(みんなの前でプレゼンテーションをする時間)を楽しみにしていて、英語で発表する内容を自分で考えながら、ウキウキして待っています。人前で話すことに抵抗がないのはうらやましいですね。また、英語環境で過ごす中でも、日本人らしいお友だちへの思いやりや社会性も同時に育まれていると感じます。あと弟は今ダンスが大好きで、先生が教えてくれた曲が街中で聴こえると、英語で歌いながら自然と身体が動いています。 兄は今小2で、卒園後こちらのアフタースクールに通っていますが、家でニュースを見ていても、スクールで先に学んでいた話題の時は、私に日本語で説明してくれたりもして。英語で学んだニュースをちゃんと理解できているんだなと思います。

自信をもって自分の意見を言うようになりました

(年中・Rくんのお母様)

当園を選ばれた理由は何ですか?

日本の子どもに合う環境になっていることです。カリキュラムは、「英語が母国語ではない子どもが、英語を習得する」ということを考えて作られていますし、しつけの面も、ラフすぎなくていいなと思いました。実際にToddlerコース(年少の1つ下のコース)に半年ほど通ったのですが、スクールの雰囲気も良さそうだったので入園を決めました。

小さなうちから英語環境で学ぶことを選ばれたのはなぜですか?

「楽しく、能動的に学ぶ姿勢」を身に付けてほしいな、と思ったからです。私も以前主人の仕事で海外にいて、そこではじめて英語環境に身を置いたんですが、自分の意見を堂々と話したり、持論を展開することにすごく難しさを感じて。そういうコミュニケーションを、皮膚感覚というか、頭で考えずに当たり前にできるように、小さいうちから楽しく自然に「自分の意見を言う」という環境に馴染んでくれたら、と思いました。

当園に1年間通われて、何か変化はありましたか?

自信をもって自分の意見を言いますね。最近は私と意見が異なる時に、「お母さんのChoiceもいいけど、これはぼくのChoiceだから」と主張したりして。お互いに意見がある、ということを分かって議論できているのが嬉しいです。それから年少の終わりにはすごく英語が出てきて、単語ではなく短いながらも文章で話していました。英語の歌を習うのもすごく楽しいみたいで、よく歌いますね。家族で海外に行った時には、現地の人に話しかけられると自分で答えたりもしています。

勉強の根底に“楽しかった印象”があるのは
幸せなことなのではと思います

(年少・Sちゃんのお母様)

当園を選ばれた理由は何ですか?

この子の兄がこちらのキンダーガーテンに通っていたことです。兄の時は色々と探していたんですが、インターナショナルで、設備が整っていて、日本の子どもでも入りやすくて、というところがなかなか無く…。ここは英語環境に加えて、立地や設備が良かったです。そして体験レッスンを受けた時、「ぼく、今すぐここに行きたい」と言ったのが決め手でした。引っ込み思案な子だったのですごく驚いたんですが、とにかく本人がすごく気に入っていましたね。妹の方も、やっと兄と同じ憧れの場所に入れた、という感じです。

Sちゃんは、入園してから変わったことはありますか?

入園前までは幼いながらに「自分は英語がしゃべれない」という自覚があったようで、上の子含め家族が英語で会話していると「英語でしゃべらないで!」と怒ることもあったんです。それが、ここに入園したことで参加できるようになってきました。まだ入園から1ヶ月ちょっとなので時折正しい英単語が混じるくらいですが、「英語を話しているぞ!」という雰囲気を出していますね。兄も、妹が自分と同じ英語の歌を知っているのが嬉しいみたいで、正しい歌詞を教えてあげながら一緒に歌ったりしています。

カリキュラムについてはどのように感じられていますか?

年少・年中のうちは、まだ小さいですし、楽しく過ごしてきたんだな、英単語を覚えてきたんだな、という感じでしたが、兄の年長の1年間はすごく濃密でした。たとえば科学的なことやソーシャルスタディーズなどを、色んな角度から英語で学んで、感じて、自分たちで考えて…。知的好奇心を刺激してもらったことで、見える世界が広がったな、と感じます。ニュースでどこかの国が出てきたら、地図を持ってきて、授業で学んだのと同じ方法で調べてみたりもしていて。これから進学して“勉強”をしていく中でも、このキンダーガーテンでの「探究して面白かったな」「みんなでアイディアを出し合って楽しかったな」という印象が根底にあるというのが、すごく幸せなことなんじゃないかなと思います。